好奇心が勝った結果「エイの煮付け」

祖父(80)にスカイプを教えたらチャットが来るようになりました。こんばんはゆきじです。
好奇心ってすごいですよね。なんでも乗り越えてしまう。患者さんでも、80歳の女性の方が「せっかくもらった命だからね、なんでも知ってみたいの、パソコンもスマホも使ってるの」と仰っていたことがあって、「めちゃめちゃすごいな~」と思った記憶があります。
興味を抱くことから好きがはじまるのは少女漫画でもおなじみですが、その最初のステップを絶やさないように好奇心を持ち続けていきたいですね。そしてぜひ、わたしのまわりの人たちにも、たくさんの興味を持ってもらいたいな~と思います。

さて今日はそんな興味から買ってみたエイの煮付けです。
IMG_9807.JPG
IMG_9810.JPG

・エイとこんにゃくの煮付け
・ゆでれんこん天然塩つき
・チンゲンサイと白菜と舞茸の和風炒め
・エリンギと小松菜ともずくのお味噌汁
・西条柿

 酸性アルカリ性
陰性
白米
みりん
まいたけ
エリンギ
こんにゃく
小松菜
白菜
陽性エイ
天然塩
天然醤油


【作り方】
・エイとこんにゃくの煮付け
①エイを洗って水気をふく
②鍋に醤油、みりん、酒を入れ、煮立ったらエイと手でちぎったこんにゃくを入れる
③落し蓋をして弱火で10分。落し蓋がない時はアルミホイルでOK

お好みで生姜をいれても美味しいです!
エイを初めてスーパーで見つけた時は「エイ?!?!」となりましたが、どんな味なんだろうと好奇心が勝った結果、購入。
レシピを検索して煮付けにしてみると、とても美味しい!!!
ぷるぷるでオススメです。煮凝りなんかにもなりそう。


・チンゲンサイと白菜と舞茸の和風炒め
①チンゲンサイ、白菜は4センチくらいで切っておく
②鍋に油をひき、①に油が回ったら舞茸をいれ、だし、しょうゆ、みりん、塩コショウで味付け。

塩コショウを少なめにして、だしをメインに置くのがポイントです。
冷蔵庫にいる余り野菜、きのこなどなんでも炒めてOKです。


・味噌汁
味噌汁の具はなるべく3品以上と決めています。
決めると結構なんでも放り込むようになるので具だくさんになり、食べごたえも出るのでオススメです。
インゲンなど入れてみても美味しいし、根菜ももちろん合いますよ!
海藻、きのこなど副菜で取れなかったものを味噌汁に放り込んでもらうと、バランスのとれた中庸ごはんになります。


それでは、みなさんも「わけのわからない食材」に挑戦してみてくださいね!ゆきじでした~。




この記事へのコメント