「バランスのいい食事」が老化の原因だった!

12月も半ば。こんばんは、ゆきじです。
今年はおかげさまで、いろいろなことが変わった年だったなあと思います。
新しい出会いがあり、新しい知識が増え、新しいマインドがやってきました。歯科だけでなくカイロプラクティックもできるようになり、患者さんとの向き合い方も随分変わったように思います。治せるようになったことは嬉しいけれど、介入がいらなくなることはもっと嬉しい。良い方向に勝手に変わっていってほしいと思います。もちろん自分自身も。来年のさそり座は上昇気流らしいので、この波に乗ったまま、流されていこうと思っています。

さて今日はこちらの本です。
「バランスのいい食事」が老化の原因だった!
著書:幕内秀夫
51K4GJ00N1L._SX338_BO1,204,203,200_.jpg 

こちらは一言でいうと、「優しい本」。今までご紹介してきたアスリートの本や仙人系の本に比べて、ハードル低め。「最初から高僧みたいな生活はちょっと…」と思われる方には最適です。

著者は管理栄養士です。代表著書に「粗食のススメ」があり、こちらもいずれ紹介させてもらおうと思っています。本書は「粗食のススメ」に書かれている著書の食養理論をベースにしながら、「バランスの良い食事(と世間一般に思われているもの)」に対して一石を投じる内容となっています。幕内先生の本は何冊か読んでいますが、ベースは同じでもいろんな書き口があるのでいつも新鮮な気持ちで読み進めていけるんですよね。

本書で使われる「バランスの良い食事」とは、「ごはんを食べずに、おかずをたくさん食べること」という意味で使用されています。1985年に厚生労働省が「一日30品目のおかずを食べましょう」との指針を出し、ご飯よりいろいろな種類のおかずを食べることが推奨されてきました。(ちなみにこの指針は2000年にこっそり削除されています)しかし、いろいろな種類のおかずと言っても、ひじきや海藻、煮物を手に取る機会が増えたわけではありません。揚げ物や炒め物など、油、砂糖の多い「洋食」ばかり選ぶようになったんですね。なぜならご飯を食べないとお腹がすくので、ガツンと胃に効く、脂質や糖質が多い副菜を選んでしまうのです。

加えて、「米」をあまり食べなくなった代わりにパン、パスタが増えてきました。パン食は合わせるものがサラダ(ドレッシングという油付き)、ヨーグルト(乳脂肪分)といった、これまた油と脂肪の多いものになりがちなだけでなく、パン自体にも多量の油、脂肪が含まれています。「サラダは健康に良い」「サラダを食べると野菜が取れる」と思い、ドレッシングがたくさんかかった生野菜を食べることは、食物繊維の補給というよりは油分の補給に当たるとまで書かれています。つまり、現代人は脂質、糖質を摂りすぎな傾向にあり、これが老化(病気や不調など含む)の原因だとしています

では、油分と脂肪分を減らしていくにはどうすればいいのか?その答えが「粗食」なんですね。
この本では、主食を米に変えること(食の和食化)を主軸にすえており、ファーストステップとして「一日3食のうち、2食を米にする」としています。
例えば忙しい朝なら、前日の夜におにぎりを握っておくか、コンビニで買って食べる。あとは昼、夜のどちらかで米を主食にすれば良いだけです。おかずはトンカツでも焼き魚でもOK。
幕内先生の他の本を読むと、もっと「こういう食品をとりましょう」「こういう食品はNGです」ということが書いてあるものもあるのですが、この本は本当に初心者向けというか、「健康になれるように、少しでも実践してもらいたい」と思って書かれた本なのだなあという感じが伝わってきます。

間食に関しても、「ストレス社会で間食という心の栄養がないことはつらいと思うので、洋菓子より和菓子を選んでください」と書いてあり、一日一回甘いものもOK。半日断食に比べると随分とやさしみに溢れています。

とりあえずご飯と味噌汁。これをベースに、料理する時間のない人は味噌汁のもと(味噌を入れる前の野菜や海藻を出汁で煮たもの)を作り置きしておいて、刺身を買ってきましょう。お弁当を買うなら寿司弁当とか、煮物などが入っている釜飯弁当。外食もパスタやピザなど「カタカナ食」のものではなく、焼き魚定食やうな丼などの「ひらがな食」に変え、ご飯をしっかり食べるようアドバイスしています。

この本の半分はやさしみで出来ているので、ここから「なにを食べるか」に興味を持ち、実践していくのもアリだと思います。出来そうなら小麦を完全にやめてみたり、お菓子を完全にやめてみたりなどもう1ステップ上を目指してみてもいいし、これ以上は出来なさそうでも「選ぶものを変える」だけで自分の身体は確実に変わってきます。

ちなみにこの本にも、「朝ごはんは食べない」ということがチラッと書かれています。最近よくご紹介している、半日断食ですね。みんな半日断食だいすき。わたしも好きです。
他にも巷で話題の「からだに良い」とされる健康ブーム、健康常識について、ざっくりと忌憚なく書いてあり、食養に興味を持ったばかりの方にはオススメの一冊です。


この記事へのコメント