【はじめに】このブログの使い方について

How to use このブログ。こんばんは、ゆきじです。

①ますは「チュートリアル」から読んでみてください。
②チュートリアルにそって、調味料や基本のごはん軸、何をどう食べるかを考えてみてください。ただし食事の内容や量は年齢や住む地域、仕事量などによって異なりますので、「自分」に合わせて考えてみてください。
③取り入れられそうなところはやってみて、無理だと感じたり、合わなさそうだと思ったら他の方法に変えてみてください。患者さまからの食事に関するご相談承ります。
④季節のレシピや実際に使った食材、買った調味料、参考になりそうな本なども随時のっけていますので、ツイッターなども参考にしてみてください。

以上です。
読んでくださっているあなたの健康に対する意識の隅のほうで、このブログが役に立つことを願っています。

IMG_1105.JPG


*

どうやったら多くの方に、「健康」について意識してもらえるのかなと思い、いろいろと悩んでいました。このブログも勢いではじめてみたは良いのですが、何をどうやって伝えていけば良いのかが不透明な部分もあり、また実際に患者さまにアドバイスさせていただく上で食事だけでは改善しない問題も出てきて、書いては消して寄せては引いて…波が打ち寄せる砂浜の上で文字を書いているみたいな期間がありました。

ブログを書くことでなにがしたいのかと問われれば、「多くの方に幸せになってほしい」と思っています。そのために、「患者さんやブログを読んでくださる方々に、健康になるための情報などを発信していきたい」と思っています。

予防という観点で、歯科医院には自分の健康をコントロールできる、またはしたい人が来られることが多く、その方々にぜひ「歯の健康は全身の健康であるということ」、同時に「全身の健康は歯の健康であるということ」をもっと知っていただき、歯を含めた全身まで健康になっていただきたいと願っています。

決して健康を押し売りしたいわけではありません。
興味がなければやらなくて良いし、合わないと思えば途中でやめても良いのです。

けれど、「自分の健康について考え実行した経験」は、きっといつか自分自身を救うものとなるはずです。忙しい現代社会で、自分の身体に目を向ける余裕がない方もいらっしゃるでしょう。大病をしたことがなく、健康なのが当たり前で、自身の健康について意識したことがない方もおられると思います。けれど「自分の健康」を考えることは「自分が心地いいと感じることを探していくこと」と同じです。そしてそれは、「自分の幸せを追求する姿勢」につながっていきます。平たく言えば、「自分の健康を考えることで自分の幸せを考えること」になります。

自分を幸せにしてあげられるのは自分自身だと言うこと、自分の身体に対して、人生に対して責任を負えるのは自分自身だけだと言うことを、ぜひ多くの方に理解していただき、自分に対する主導権を自分で握っていて欲しいと思っています。

あなたは健康になったら、もしくはずっとこのまま健康であったなら、何をしてみたいと思いますか。
毎日の食事を考えてみることが、いまのあなたと、あなたを取り巻く現状を変える一歩になるかもしれません。

健康は「良く生きる」ための大前提であり、財産です。
学ぶ、遊ぶ、学校に行く、仕事をする、休日にしてみたいことをする、新しいことに挑戦する、ワクワクすることを追求する、もしくはただ平凡に波風を立てぬ暮らしを続ける…。どんなライフスタイルを送るときも、「健康」は人生の大前提としてそこにあります。失いかけて気づくものでもありますが、失う前に気づくこと
が一番いいことだと思っています。

*

このような発信をしようと思ったきっかけは、予防医療や統合医療を学ぶ機会があり、「健康」について深く考えたことでした。おかげさまで、カイロプラクティックといった整体に似たこともできるようになり、様々な視点で身体とこころに対するアプローチをしていけるようになりました。歯科と全身の関わり、咬合と姿勢の関わり、食事と思考の関わり、ストレス、体温、感情、構造、性格、すべてはつながっていて、どれか一つにアプローチすると、ほかのすべても変わっていくことを知りました。なぜならすべては独立しておらず、ひとつの身体をつくる要素であるからです。

この中で歯科として取り入れやすく、また生きるために絶対に行うことである「食事」に注目し、これに関することをお伝えしていきたいと思っています。情報はできるだけ間違いのないようにしたいと思っていますが、どんどん新しいデータも取り入れていきたいと思っていますので、古い記事よりは新しい記事を参照していただいたほうが良いかと思います。

先に書いたように、やってみて合わないと思ったらやめてください。好きじゃなければやらなくて良いし、できるところだけ取り入れてみても大丈夫です。「健康」だけにとらわれて、楽しく生きることを忘れないでください。年齢、運動量、住む地域、仕事などによって必要な食事というものは全然違ってきますので、すべてのひとに合致する食事はありません。自分のライフスタイルに合ったものを試して心地いいと感じることを見つけていくことが大切ですし、わたしはなにも否定したくはないと思っています。試してみたけどこれでいいのかわからなかったり、合うものがなかったりしたら、良いと思えるものを一緒に探していきましょう。

食事に重きを置いていますが、食事がすべてではありません。食事がとっつきにくければヨガや運動からはじめてみても良いし、試しに月を眺めながら一駅歩いて帰るだけでも良いのです。自身の健康について考え、試しにやってみる、このブログがそのきっかけとなれれば嬉しいと思っています。

虫歯になったから歯医者へ行くのではなく、病気になったから医者へ行くのではなく、虫歯にならないために歯磨きしていく、病気にならないために養生していくことが、わたしとそしてみなさんの当たり前になると良いなと思っています。


この記事へのコメント