太郎部活動報告

太郎部とは…関係者の中で岡本太郎を心から愛しているひとが集まり、岡本太郎をそれぞれに堪能したり共有したりする部です。現在3名。

この日の太陽の塔↓いつ見てもかわいい
IMG_3466.JPG

前使っていたスマホケースが自作の太陽の塔ケースであったことから太郎部に勧誘され、このたび太郎部で太陽の塔の内部見学に行ってきました!好きなものを共有できるとことって幸せだな〜と思います。

太陽の塔って今年の4月に初めて実物を見たのですけれど、それまでに何のきっかけで好きになったのかはわかりません。20世紀少年は大学生のころ読んだけれどその前から太陽の塔は好きだったように思います。なんかカワイイんですよね。普遍的な可愛さ。今回その内臓まで可愛いということを知ったのです。
初めて実物を見た感想は超デカい…!でしたが、内部もとっても素敵で、太陽の塔の脊椎部分に生命の樹が通っているのや脳の壁を見て「あっ太陽の塔、ちゃんと生きてるんだ…」と思ったりしました。地底の太陽ちゃんも可愛い。

見る角度でなんとなく表情が変わる地底の太陽ちゃん↓この角度が好き(拾い画)
sty1703290010-f1.jpg

可愛いと言う感情はどこからくるのか…母性本能でもないし庇護欲でもないし、太陽の塔に愛嬌があるわけでもないし丸くも馬鹿っぽくもないのに可愛い…。どちらかと言うと一般的に言われる「可愛い要素」とは正反対の、独立していて強ささえ感じられるのに可愛い。なんなんでしょう。太陽の塔に対する、もしくは太郎に対する一種の憧れと興味を可愛いと感じることで理解および促進させようとしてるのかもしれません。

予約制ですが公開は無期限だそうです。わたしは風邪をだましだましして行った結果、その後咳喘息を発症しましたがそれを差し引いても行ってよかったと思ってます。興味がある方はぜひ!

内部公開のロゴマーク↓レタリングになっててかわいい
IMG_3461.JPG

お土産屋さんで買った太郎グッズをバッグにつけてみた結果、妊婦以外の主張が激しすぎるバッグになった
IMG_3479.JPG

ここに行った後に発売されたいま一番欲しい太陽の塔セット



追記
体調をだましだまし行ったので帰ってから旦那には怒られたのですが、なんでそこまでして行きたかったんだろうと考えると、妊娠しててこの先行けるめどがよりたたないことと、それに対する焦りと恐怖があったのではないかと気づきました。だんだん生活が制限されてきていて、ダイビングはできないわ海外旅行はできないわ、歩くのに時間が1.5倍かかるようになったり免疫力は低下したり、酒は飲んじゃいけないし太ってもいけないしで今まで普通にできていた当たり前を手放していかなければならないこと、そして当分そう言った状況が続くことに対して焦りと恐怖を感じていたように思います。

でもね仕方ないんだよな、そうやって諦めさせてきていたことを今度はわたしがつないでいく番で、妊娠期間10ヶ月って長いなって思ってたけど、そういう身体や心の変化に対応してくにはちょうど良い時間なのかもしれません。

闇を照らせば怖くないように、怖かったのか〜と気づけば腑に落ちます。もやもやした感情に名前がつけば安心します。
したいことをしたいときにすることがすごく尊いことだと言うことに改めて気づきました。みんな、どんどんしたいことしていこうぜ。体調と相談しながら。



この記事へのコメント