目には見えないものを見る

「じゃあ秘密を教えるよ。 とてもかんたんなことだ。ものごとはね、心で見なくてはよく見えない。いちばんたいせつなことは、目に見えない。」と、キツネは言った。「いちばんたいせつなことは、目に見えない。」星の王子さまは、忘れないために繰り返した。 (あなたはウワバミの中に何が入っているのか想像したことがあるだろうか。本当にそれは象だろうか。愛とか勇気とかじゃなくて?たいせつなことは、目に見えない。)…

続きを読む

なぜならひとりでは幸せになれない

だんだんと自分のマインドが変化してきたのを感じている。 簡単に言うと、自分が幸せであることを許可できるようになったと感じる。 それはイコールわたしの周りのひとが、たくさん幸せになって欲しいと考えるようになったということだと思う。 なぜなら、ひとりでは幸せになれないので。 わたしたちは他者との関係の中で自己を認識する。自己とは他者の中に生まれるもので、そういう点では幸せであることを自分に許…

続きを読む

いろは歌

いろは歌をつくるのにハマっている。 テーマは「親知らず」。 揺れる夜更けを 親知らず 雨に傘もて 祈りこそ 御霊拾えば 浮きつ骨 平和なくせぬ 無知と縁 ゆれるよふけを おやしらす  あめにかさもて いのりこそ  みたまひろえは うきつほね  へゐわなくせぬ むちとゑん 意味ありげなよくわからん歌が出来たので楽しい。 親知らずの思い出としては二つある。 四…

続きを読む

ヴァーチューズそれは愛

最近思うことは、ヴァーチューズでどれだけ日々を修飾していくかということ。 わたしのヴァーチューズを3つあげるなら「愛、好奇心、感謝」なのだけれど、そのどれもが日常に溶け込んでいて空気みたいになっている。空気みたいになっているものを意識することが難しい。けれどヴァーチューズでもっと日々を修飾できたならきっと、もっとあたたかな世界が広がるのではないだろうかと考えている。 思春期に「オシャレは…

続きを読む