最近読んだ本まとめ、行動経済学から顎顔面の発育まで

*子どもの人生は腸で決まる~3歳までにやっておきたい最強の免疫力の育て方~   だいたい子どもの○○は3歳までで決まるってよく聞く。3歳で乳歯列は完成するし、神経系は80%発育するし、マイクロバイオームも整うし、3歳が人間の基礎ができる目安の時期なのかもしれない。 栄養=遺伝ってなんでだろう?習慣は受け継がれていくからかな?ってなんとなく理解してたんだけど、この本で言うとマイク…

続きを読む

参考文献Comment (0)

アレルギー革命から足育まで最近読んだ本まとめ

*アレルギー革命 「自己免疫が過剰に反応した結果アレルギーになるのではなくて、過剰に反応した自己免疫を止める機序がうまくいかないのでアレルギーになる」説。初めて聞いたけど、有りうるかも。妊娠・育児においても「昔言われていたことと真逆のこと」をたくさん見聞きする。子供のアレルギーが増えている中、母親が「どうやったらアレルギーにならないか」に注目するのは当たり前だと思う。早く機序が解明されないかな…

続きを読む

参考文献Comment (0)

最近読んだ本のまとめ

最近読んだ本のまとめです。 ◇食は愛(おいしいはうれしい)  岡田 晴彦 著   添加物なしで厳選素材にこだわり、自社工場で無添加のハム・ソーセージを作るスーパー「Pantry」の理念やそこに至るまでの経緯をまとめた本。 どこにあるスーパーなんだろう?と思っていたら、新大阪駅の2階にある店舗に勉強会の帰りに立ち寄っていたことに、読み始めて半分くらいしてから気がつきました…

続きを読む

参考文献Comment (0)

最近読んだ本まとめ

こんばんは、ゆきじです。 最近はウォーキングに結構時間を取られているので、読んだ本のレビューをする余裕がないため、まとめておきます。 ◇ほうれい線やたるみがスッキリ!ベロ回し体操  小出馨、小出晴子 著 日歯新潟の教授である小出先生の著書。この簡単で分かりやすい本を書くためにどれほどの研究と解剖と裏付けがあるのか…おそろしいなあと思いながら読んでいました。筋反射で咬合…

続きを読む

参考文献Comment (0)

分子矯正医学についての考察

こんばんは、ゆきじです。   今日はこちらの書籍、ライナス・ポーリング氏の「ビタミンC健康法」を読んでみて、分子矯正医学について考察してみたいと思います。今まで読んできた本がだんだんつながってきて、そのつながりをまとめて解釈するのが大変でした。勉強は全部つながってきたら楽しいんですよね。それまでの知識の吸収も楽しいんだけど。ちょっとづつですが前に進んでいるのかなと思います。 …

続きを読む

参考文献Comment (0)