ナチュラル中庸ごはん

「食」で人生が変わる。
こう思いだしたのはこの夏のことでした。

きっかけは【統合医療】を学んだことにあります。

そのなかで分子栄養医学、酵素や栄養素に関する知識、中医学に興味をひかれ、舌診や不定愁訴をもとに夫のお弁当と夜食の内容を劇的に(!)変えたところ、2ヶ月でニキビ肌だった肌質が改善されはじめ、3ヶ月で体調が良くなり、持久力や体力が増し、秋にはなんと毎年恒例だった花粉症がおさまりました。

春は花粉症、夏は夏バテ、秋も花粉症、冬は風邪…と体調を崩しやすかった夫が、今現在そこそこ元気に(疲れはしていますが、風邪などひかず)激務をこなしているのを目の当たりにして、自分自身が驚いています。
料理以外に薬やサプリに頼ったりはしておらず、職場でのストレス、残業時間、仕事量ともに日々増えている中で、夫が体調を崩していないのは日々のご飯に起因すると考えて良いと思っています。

また、わたしは歯科医師として働いていますが、体調不良を訴えられる患者さまにもアドバイスをさせていただき、そのとおりに食事の仕方や内容などを変えていただくと、「下痢や便秘が治った」「頭痛がおさまった」「夜眠れるようになった」など、不定愁訴と呼ばれる【病気とまでは行かないけれど、なんとなく感じている身体の不調】が改善されることがほとんどです。
患者さまには食事の内容とともに、生活習慣のアドバイスもさせていただくことが多いので、その相乗効果で体調が良くなっているのだと思います。

すべての病気の原因が食事にあると言いたいわけではありません。
ただ、食事を変えるだけで、今感じている体調不良が改善され、明るく前向きになり、体調不良によって諦めていたことができるようになり、更に元気に自分の人生を歩んでいく…。こういう方がとても多いのです。
「食が変われば人生が変わる」ーこれは夫をはじめ、たくさんの患者さまから学ばせていただいたことです。

歯科医師は「歯」だけを治せば良いのか?わたしはそうは思っていません。
歯科は「食」に最も近く、「食」は「健康」のもとであり、「食べること」は「生きること」です。つまり、食の一番近くにいるわたしたちが、全身的に健康になっていただくために知識や情報を発信していくこと、これが患者さまやそのご家族、ひいては日本全体、世界の健康に繋がると思っています。

そういう気持ちで、このブログをはじめてみました。

わたしは料理の基本もわかっておらず、専門的な方から見れば稚拙なお弁当や夜食ではあると思いますが、その日までの知識で、できるだけ簡単で高価な材料を使わず、美味しいものが作れるように努力しています。

知識をどんどん増やし、発信していけるものが多くなるよう、少しづつ前進していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

"ナチュラル中庸ごはん"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: