グルテンフリーパスタ、アレルギーじゃなくても絶対食べてください

二連休は懐かしい友人と会い、お互い近況を話したりしてました。こんばんは、ゆきじです。
歯医者さんと話すのもディープな話が出来て面白いんだけど、歯医者さんじゃないひとと話すといろんな発見があります。今回はマツダのエンジン開発とデザインの話が面白かったな。仕事を楽しんでるひとの仕事の話って面白い。自分のやっていることは歯医者さん業とは若干かけ離れている部分もあるので説明するのが難しいけれど、面白いように説明していけたら良いなと思いました。

さて今日のばんごはーん。久しぶりにパスタ!
なんとこのパスタ、グルテンフリー!
IMG_0963.JPG 540126509.077048.jpg 
トウモロコシと米で作られたパスタです。
広島では、特別なお店に行かなくても、少し大きいスーパーのパスタコーナーの一角に置いてあります。アレルギーの子供とか増えてきてるので、需要あるのだろうなあと思ったり。

これがね、もちもちでめちゃめちゃ美味しいんですよ。
このパスタを茹でるときの概念にアルデンテがあるのかどうかよくわかんないんですけど(ゆで時間は8~10分)、とにかくもっちもちなんです。米を使ってるからかな?とにかくもちもち、冷めてももちもち。なので、グルテンアレルギーじゃなくってもグルテンフリーに興味がなくても、美味しいので見つけたら絶対に試してみてほしい。これがパスタ界の主流になっても良いのでは…?とさえ思うほどの新境地が楽しめます。

しかもね、旦那さんがオリーブオイルがあまり好きではないので、できるだけ油を使わないパスタを考案しようと思って、今回は油を使わずに作ってみました。スープスパゲッティ寄りになるけど、美味しくできます。なにせパスタがもちもちだからスープ寄りになっても全然大丈夫。

【作り方】
・鳥ミンチと白菜とマイタケの和風パスタ
①塩を入れたたっぷりのお湯でパスタをゆでる
②その間に鳥ミンチ、白菜、マイタケを炒める。ごま油をしいて鳥ミンチに火を通し、白菜、マイタケを入れて塩コショウ、出汁、しょうゆ、酒で味付け。少し味が濃いめのスープができるくらいにしておく
③パスタがゆであがったらパスタのゆで汁を少量②に入れ、さらにスープ化。ゆで汁を使うことでパスタとのなじみが良くなります。そして②にパスタを投入、混ぜる。
④大根おろしを乗せ、ネギを散らして完成!

具は余ってた食材を適当に使っただけなので、他の物を入れても大丈夫です。その他シイタケ系、ほうれん草、小松菜などでも美味しくできると思う。大根おろしもなければなくて大丈夫。鰹節を乗せてもおいしかったかな~と思います。和風パスタにはいろんなアレンジがあるので楽しいですね。

そういうわけで、グルテンフリーパスタ、美味しいので見かけたらぜひ試してみてください!

"グルテンフリーパスタ、アレルギーじゃなくても絶対食べてください"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: