きゅうりの塩もみのあげ和え

こんばんは、ゆきじです。
土日は勉強会に行ってました!いろんな選択肢を引き出しに入れていたいな~と思ってたので、ピッタリなタイミングでのピッタリなセミナーでした。明日からさっそく活かしていこうと思います。

さて、今日はレシピです。
レシピを検索せずともなんとなくオリジナルで作ってみて美味しかったものを軽率にアップしていきたいと思います。

【きゅうりの塩もみのあげ和え】
IMG_2470.JPG

①きゅうりを乱切りにする。

②藻塩で揉み、「辛くはないけどしっかり塩味ついてるな」っていうところまで塩を加える

③昆布またはわかめを適当な大きさにちぎってきゅうりと和える。
※乾燥昆布の場合は塩もみしたきゅうりから出てくる水分で昆布が柔らかくなり旨味が出てくるので、少し待つ。

④昆布(orわかめ)ときゅうりがいい感じになったら、あげを一度お湯で洗い(簡易版油抜き)、適当な大きさに切る。(わたしは包丁とまな板を洗う手間を省くため調理用ハサミで切っています。)
若干小さめだときゅうりと一緒にお口に運びやすいので良いです。


藻塩は少量でしっかり味がつくので、塩もみの際は必ず少量からはじめてくださいね。また、あげと和えると塩味が和らぐので、④の時点で味がふやけているようなら塩を足してください。この時足す塩は岩戸の塩がオススメ。柔らかい塩味なので、きゅうりの甘みを引き出してくれるし、あんまり辛くならないので少々多めにふっても失敗がないです。

というのも藻塩のしょっぱさを甘く見ていて、塩もみしたあと辛くなってしまった際に、余ってたあげを入れたらなんと!!!塩味が和らいで美味しい!!!!あげは神!!!!ということで出来たレシピでした。きゅうりが美味しくなる今からの季節にぜひお試しください。

使っている藻塩はこちら。


"きゅうりの塩もみのあげ和え"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: