妊娠してた話

こんばんは、ゆきじです。
なんだかすごくお久しぶりです。

私事ですが今月初めに結婚式を挙げ、サホレバーフバリやThis is meなど好きな曲を好きなように流してサイコーだったんですけれど、式が終わったら日常生活も落ち着くかな~と思いきや今度は妊娠が判明して今日までなかなか落ち着きませんでした。

妊娠。

妊娠?

マジで?って感じだったのですが、マジでした。

最初はずっと息がしにくくて体温が高かったので風邪かな~と思ってたんですけど、葛根湯を飲んでも梅醤番茶を飲んでも早く寝てもどうにも体温が下がる気配がないし、半日断食という一日完全二食間食なしの生活をしてたんですけど、お腹がすくと吐き気がするんですね。特に寝る前がひどくて、死ぬかと思いながらも半日断食続けてたんですけど、旦那さんが妊娠検査薬を買ってきたところ陽性。

「妊娠検査薬も99%って書いてあるし、1%の間違いかもしれん」と思って陽性が出た次の日に医者に行ったら「陽性出たんですね。じゃあ赤ちゃんが良い位置にいるかエコーで確認しましょう」となって、「あ、これ100%のやつなんや…」と悟りました。ちなみに良い位置にいる(子宮外妊娠でない)そうです。下半身半裸で動く椅子のアドベンチャーに乗るのはちょっと緊張したんですけど、検査薬もエコーも思ったよりいろいろあっけなかったです。

「つわりの時はお腹がすいてもお腹がいっぱいでもだめで、とりあえず食べられるものをちょこちょこ食べてください」と言われ、「わたしの人生において食べられるものをなんでも食べていいって自分に許せること、つわり以外で今後ないだろうな~」と思ったので、さっそく半日断食を手放し、食べたいものを食べたいだけ食べるという暴飲暴食期(つわり期)に入ったわけです。あたたかい飲み物はしんどいので味噌汁は食べないし、米のにおいもダメになったのでグルテンフリーを解禁。味覚もおかしくて、本来辛いものは苦手なんですが、この時期は旨味より辛みの強いものが食べたくなったり、無性に揚げ物が食べたくなったりしました。うどん、カレー、トンカツ、チキン南蛮、スパゲッティ、サンドイッチ、お好み焼き、麻婆豆腐、キムチなどなど…。一言だけ言わせていただくんですけど、全部美味しかった!!!!セブンイレブンのごはんサイコーだな!!!!

つわりについて詳しい機序は判明してないそうなんですけど、ふわっと分かっているぶんには妊娠した際のホルモンの関係らしいです。わたしの場合、お腹がすくと「お腹すいた」じゃなくて「焦燥と恐怖」が先に来ます。食べなきゃという焦燥と、食べないとひどい悪心が来るという恐怖。今までは半日断食で心地よい「お腹すいた」を楽しんでいたのに、「焦燥と恐怖」によって揚げ物をバクバク食べている状況がなんだか悲しくて、「こんなのが続くとかマジしんどい…」と一瞬こころがシュンってなったんですけれど、今思うとこの時期ほど「何かを食べたい!!!!!」って気持ちを持ったこと人生でなかったような気がします。
飢餓への訴えと言うか、本能からくる食欲というか、今まではそれをコントロールすることで悦に浸っていたんですけど、それをコントロールしなくても本能により食べるという行為は悦を呼び覚ますということを知りました。食べることはなんにしろ尊い。とりあえず半日断食が及ばない生命の不思議があるということを身を持って知ったわけです。

式が終わってからは疲れもあったのか約10日間くらいそんな感じのつわり期だったんですけれど、先週になってつわりが急激におさまってきました。そして今日、「あっこれもとのわたしの身体だわ」となんとなく感じたので、こうしてブログを書いています。
今10週目(3か月)なんですが、つわりのピークは10週目あたりだそうです。胎盤が完成するとつわりが終わると一般的には言われているそうなので、胎盤づくりが大体終わったのかもしれない。お疲れさま~、そんな突貫工事で大丈夫か?
いまは食事も落ち着いてきて、一周回って米美味しい!!!野菜美味しい!!!となっています。つわり期にバーンと増えた体重も落ちてきて、妊娠してても体重減るんだなあ~と初めて知ることばかりです。

安定期に入ってからのご報告にしようかと思ってたんですけど、いろいろ書きたいこともあったのでちょっと早いですが白状してしまいました。面白い産婦人科の先生との出会いや、新たなジャンルの本も読んでますので、それもちょくちょく載っけていけたらと思います。まだまだ不安定で、なんかあったらどう説明しようかな…とも思うのですが、それもそれでまた受け入れていくような気がします。
そういうわけですので、今後ともよろしくお願いします。

B_002.JPG

"妊娠してた話"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: